誰もが、迷いながら子育てをしている

私はマザーズコーチングを学び、皆さんにお伝えしていますが、悩み、迷い続ける母でもあります


私はずっと、「子どもたちに寄り添った母でありたい」と思い続けてきました

だからこそ、コーチングを学び、自分とも向き合っているつもりです

ですがこの、

「子どもたちに寄り添った母でありたい」

という想いそのものも、私が育った環境の中で自分自身で作り上げた「思い込み」でもあるのです


例えば、子どもが学校に行きたくないと言った時、

私は子どもの考えを聞き、自分で答えを出すということをやってきました




こうなると当然、子どもには「『行く』か『行かない』か」選択しなければならなくなります


選択肢があるからこその葛藤がそこには生まれます



では、同じように学校に行きたくないと言った時、

「学校には行くものだから」と行かせた場合はどうでしょうか?


子どもには選択肢が「行く」しかなくなります


そこに、選択肢のある葛藤は生まれませんね




選択肢があって「行かない」を選んだ場合、子どもたちはどんな感情になるのでしょう?

ホッとする子も、罪悪感に苛まれる子も、いるでしょう


逆に、選択肢なく行かせた場合はどうでしょう?


「無理矢理行かされた」と思う子も、「やっぱり行って良かった」と思う時もあるでしょう


そう、子育てに正解はないのです


そして、お母さんが選択した方法が良かったのか悪かったのか、それがわかるのはずっとずっと先のことだと私は思うのです


子どもの声を聞くことが必要な時も、自分の信念を貫く時も、その両方でブレてしまっても、そうやって悩んで、迷って、苦しんで出した答えに対して良い悪いなんて誰が言えますか?


みんな迷いながら子育てをしています

迷っているように見えないお母さんも

自信に満ち溢れているように見えるお母さんも


子どもたちへの愛情が深いからこそ、悩むのではないでしょうか?


コーチングには、「アドバイスをしない」という大前提があります

ですから私は、講座を受けた時たくさん考えました

自分でもよくわからなくなるくらい、です(笑)

今まで考えたこともなかった事を聞かれましたから


自分が子育てにおいて大切にしている想いは何か?

どんな人生を送ってきたか?

その中で築き上げられた「思い込み」や「決めつけ」にはどんなものがあるか?

今、私は満たされているか?


そんなところを少しずつ少しずつ解き明かしながら

子どもたちとのコミュニケーションを考えていくのがマザーズコーチングの魅力かなと思います


マザーズコーチングについてのご案内はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました