最新記事はこちらをタップしてください

たいわ室が目指す未来

2020年5月30日からスタートした「たいわ室」をご存知ですか?

公式サイトはこちら
現在、18名のたいわ室コーチによってボランティアで運営されています。
私も、その一人。

たいわ室とは、小中学生の子どもたちが「自分のことを話す」ことで自己肯定感を高め、自分を応援できる心の状態を作って欲しいと願うコーチたちによって作られました。

私たちマザーズコーチングスクール認定講師は、「傾聴」のプロです。

子どもたちが自分のことを話してくれた時、ただ、聴きます。

アドバイスはせず

その意見に対してジャッジもせず

ただ、聴く。

無表情に、無感情に聴くのではもちろんありません。

私が思う「聴く」とは

子どもたちの話に興味を持ち、子どもたちがどんなことに心を動かされているのかを感じる

ことだと思っています。そして

その事柄について、「良い」とか「悪い」の判断をしない

こともとても大切な「ただ、聴く」の要素だと思っています。

これが我が子だと難しい(笑)

私自身も二人の男の子の母ですが、つい、自分の考えを言ってしまったり、親としての不安が先走ってしまったり。

あ、しまった・・・

なんてこともよくあります。

母だからこその想いに蓋をすることはできません。
そんな自分を責める必要もありません。

だからこそのたいわ室。

たいわ室には、色々な子が参加してくれています。

緊張して話さない子

ずっとお絵描きをしている子

テンション高めでずっとおしゃべりしている子

それぞれが、色々な考えを持って参加してくれています。

色々な時間の過ごし方をして、色々なことを感じます。

どんな時間を過ごしても、それを受け止めてあげた時、彼らは「自分は自分で大丈夫」と思ってくれるのではないでしょうか。

ただそれはすぐではなく、ずっとずっと先のことかもしれない。

何度も何度もそんな時間を過ごしてからかもしれないし、一回かもしれない。

いつか来る子どもたち一人一人の「自分は自分で大丈夫」と思える日を私たちは信じています。


そして、よりたくさんの小中学生のみんなに知ってもらえるように、昨年10月から11月にかけてクラウドファンディングにも挑戦し、300名以上の皆様に230万円というご支援をいただきました。
金額以上に、ご支援とともにいただいた応援メッセージがとてもとても嬉しかったです。

話す場所を制限されている小中学生へ「なんでも話せる場所」を届けたい - クラウドファンディング READYFOR (レディーフォー)
コロナで自粛が続く中、子どもたちがストレスを抱えている現状があります。わたしたち「たいわ室」は、小・中学生専用のコミュニケーションルームで、パソコンやタブレットを通して、コーチが子どもたちの話を... - クラウドファンディング READYFOR

たいわ室のお申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました