最新記事はこちらをタップしてください

リーダーに必要なもの

我が家の次男はある習い事をしています。

先日、半年に一度の試合がありました。

実は彼、数ヶ月前から「今年度で辞めようかな」とつぶやいておりました。

彼曰く、「6年生が卒業するから」

今のチームはキャプテンと副キャプテンが6年生。

副キャプテンはしっかり者の女の子。

そしてキャプテンは、とてもおとなしく、私は声を聞いたことがないくらいの男の子です。


試合当日、午後から試合でしたが、午前中は合同練習がありました。

キャプテンは午前中の練習に来られず、午後になってチームに合流。

とても緊張しているのが遠目にもわかるほどの立ち姿でした。


なぜ、彼のことを次男がそんなにも信頼しているのか、私はわかりかねていました。


守備と攻撃のあるゲームで、彼はいつも守備につきます。

声をあまり出さないのに、次男は「彼がいると安心感が違うんだ」と言っていました。


試合の合間に、ふと体育座りをしている彼を見ると、同じチームの女の子が彼の膝にそっと手をあてて他のチームの試合を見ていました。


あんなにも言葉に出さないで


あんなにも自然体で


私は子どもたちに安心感を与えられるだろうかと、ふと思ったのです。


リーダーとはとかく、チームを引っ張ったり、鼓舞したり、まとめるといった印象が強いかもしれません。

ですが私は彼を見て、

本当にリーダーに必要なものは、安心感だけなのではないかと感じました。

優秀なリーダーの元では、それぞれがそれぞれの個性を存分に、「自分で」引き出すことができるのではないかと。

それを見守り、勇気づけるのに言葉は不要なんだな、と。


彼はきっと、意識をしなくてもそれができる人なのかもしれないと思ったら

私はまだまだ彼の足元にも及ばず、たくさん吸収したいことがあると気付かされました。


次男は結局、来年度も続けることに決めましたが、今日の練習前にふと

「6年生に何か送ろうかな」とつぶやいていました。

彼から受け取ったたくさんのメッセージを、次男がどう活かしていくのか

また来年度も楽しみになりました。

タイトルとURLをコピーしました