最新記事はこちらをタップしてください

「正しい言い訳」という視点

「正しい言い訳」とは?

目標を達成する過程で、人はさまざまな言い訳を作っていきます。

「忙しいから」

「この作業が終わってから」

「あの人がいるから」

心当たり、ありますか?

私には、あります(笑)

目標を達成するとき、必ず「ワクワクする目標にしてください」とお願いしますが、

なぜ、ワクワクする目標を設定したはずなのに「言い訳」を作ってしまうのでしょうか?



それは、その目標が自分の「コンフォートゾーン」つまり安心安全な「快適空間」の外にあるからです。

安心安全な場ではないということは「不安」になる、ということ。

トラストコーチングでは、この「不安」が大きなキーワードになってきますが、不安が行動を止めてしまうことは多々あります。

不安から逃れるために色々な言い訳を自分で作って、目標達成を阻止しようとするのです。

目標達成への道は、この「ワクワク」と「不安」をいかにコントロールするか?が鍵になるのかな、と思います。

「ワクワクを常に感じること」

「不安」をまずは認識すること

ワクワクを常に感じること

これは、タイプによって感じ方が色々です。

「この目標のことを考えるとワクワクしますか?」

と聞いて、イメージできる人もいればちょっと引いてしまう人も(笑)

ちょっと引いてしまう人は少しベクトルを変えてみましょう。

きっとワクワクにつながるキーワードが出てくると思います。

「不安」をまずは認識すること

このブログでも何度もお伝えしていますが、「認識する」というのはとても難しいことです。

一つは無意識の不安はなかなか自分では認識しずらいから

もう一つは、その「不安」についてジャッジしてしまうから

ジャッジをせず、フラットに
「私はここに不安を感じているんだな」

と捉えられるようになったとき、とても心が軽くなった経験が私にはあります。

「正しい言い訳かもしれない」の視点を持っておくことの重要性

正しい言い訳をしてはいけない、というわけではありません。

自分を守るための言い訳ですから、「してはいけない」と思った瞬間に苦しくなってしまいます。

ただ、「言い訳かもしれない」という意識を持つと、そこからまた自分の中での対話が始まり、より深く、自分を知るきっかけにもなっていきます。

ですが私は今でも、途中でこの対話が止まってしまうことがあります。

これは私の経験からですが、自分との対話は、少しずつ少しずつ、深くなっているような気がしています。

継続は力なり。

自分をより深く知ることが、自分の大切な人のことをより大切にできることとイコールだと考えれば、

諦めずに考え続けることこそが、大切な人を大切にする一歩、なのかもしれません。



タイトルとURLをコピーしました