最新記事はこちらをタップしてください

【高校生と過ごす「自分探し」のじかん】

私の母校、愛知県立翔洋高校での
「まちの先生」

3年生の選択科目で
地域の様々なスキルを持つ大人から
興味のあることを学ぶ機会です。

私が一緒に学ぶのは20名の生徒たち。

「鏡の中のぼく」から
始まったこの授業には

毎回
「コーチングとは?」
「この授業のルール」
の二つを黒板に書くことから
始めています。

「コーチングとは?」は毎回違う内容。

自分自身にとってもその時その時で、
「コーチング」の捉え方が
変わっているように思うからです。

今日のはあの子に届くかな?と想像しながら考えています。

そしてみんなといろんなことを考えながら
一人ひとりと1on1の時間も作ってきました。

前回行った中間アンケートでは
全員が「コーチングを引き続き深めてみたい」と
答えてくれました。

最初は、
「先生に割り振られた」
「知らない言葉だった」

そこからのスタート

器の小さい私は授業の最初に自分でこれを聞いておいて
自分で凹むという(笑)

よく考えたら、
先生に割り振られなかったら
伝える機会がなかったかもしれない子たちに
伝えられるという幸運!

多面的に捉えることが
できるようになったのも
コーチングのおかげですww

「自分を知る」
ということが
みんなのどんな未来につながるのか?

このファイル一つ一つに
みんなが「自分」と向き合った証が詰まっています。

自分を知ること。

自分を大切にすること。

同じように、相手も大切にすること。

相手の大切なことを、一緒に大切にすること。

自分と相手の違いを「認識」すること。

言葉にすると簡単だけど
みんなにとっても
もちろん私にとっても
簡単じゃないから。

だからこそ、

丁寧に向き合ってみる。

できなくてもいいから。

「丁寧に向き合う」とはどういうことか?を知る。

そんな日々の繰り返しが
きっとみんなの未来を作っていく。

毎回毎回反省点だらけの授業ですが、
今日も受けてくれてありがとう

タイトルとURLをコピーしました