優しさは想像力

私が改めてそう感じるようになったのは、7月16日に開催したなやっぽマルシェでの代表あいさつを考えていた時でした。

その時の内容はこちら

誰もが、想像する力を持っています。
それをいつ使うのか、誰に使うのか、どんなふうに使うのか。

その使い方が似ている人と、人は惹かれ合うのかな、とも思います。

いつも誰かのことを想い、ニコニコしている。
そんな仙人みたいな人はそういませんよね笑
そんなふうになりたいわけでもない。

私が一つ、大切にしているシチュエーションがあります。

誰にだって、余裕がない時はあります。
その「余裕がない時」にこそ、「人の本質」が出ますし、
関係性が近くなればなるほど「甘え」も出てきます。

私は、「余裕がない時の自分」をどれだけ好きでいられるか?がコーチングを学び続ける一つの理由だと思っていて。

試験と一緒。
次々に難問が降りかかってきて、私を試していきます笑

今回の対応は自分を嫌いになってしまう対応だったな。

今回のは自分がかわいそうになる対応だったな。


そんなふうに自分を客観視できるようになったのもまた、成長の証かもしれません。


ただよくつまずくのは、

相手の背景を想像すること

自分の気持ちを大切にすること

のバランスがものすごく難しい時。

あっちを大切にするとこっちが無下になってしまうこともあります。
シーソーみたいに。

一方で不思議なことに、相手の背景を想像すると穏やかな気持ちになる時も、あります。

それは、自分の中で納得ができる瞬間なのかもしれません。

子どもはよく「理不尽に怒る先生が嫌い」と言いますが、
これはつまり、「自分にとって理解できない行動だから不安」ということ。

自分と似ていない人の行動は、自分と違うから、不安。

そのことが理解できていれば、まずは自分の不安が拭えますし、同時に「不安だから攻撃をする」という行動を避けることができます。
ちなみに私は、この「不安だから攻撃する」を選択してしまうときの自分がとても嫌いです。
ですから常に「不安からの行動ではないか?」という視点で自分に対しても相手に対しても見ている気がしています。

そして、自分の不安を拭えて初めて、「相手のことを想像する余裕」ができるわけです。

優しさに繋がる想像力を発揮するためには、

まずは自分のことを知る必要がありそうですね。

タイトルとURLをコピーしました