最新記事はこちらをタップしてください

マザーズコーチング

ブログ

第4回マザーズコーチング定期勉強会(オンライン)

定期勉強会の意義などはこちらから 今回はこちらのテーマにて開催いたしました。私も参加している「たいわ室」での経験を元に、「ただ、聴く」とはどういうことかをみんなで深めました。たいわ室についてはこちら 今回もとても充実し...
ブログ

子どもの気持ちを「受け止める」ということ

我が子の学校は、明日が始業式。次男はあまり自分の想いを口にすることが好きではなく、ポーカーフェイスです。そんな次男が寝る間際に「明日学校だ!!こわい」とボソッと言いました。私は一言「そっか」すると小さくうなずいて「おやすみ」とベッ...
ブログ

第3回マザーズコーチング定期勉強会(オンライン)

今日は、定期的にご参加くださっている参加者さまのご感想をご紹介させていただこうと思います。 前回もそうでしたが、美貴さんからの質問やフィードバックを、後から思い出して、また考えるんですよね。 今日も、その後も思い出して、噛み...
ブログ

「捉え方を変える」ことと「我慢する」ことは、少し違う

「人は変わらないから、自分が変わらないとね」 こうお話される方、よくいらっしゃいますね。この言葉を皆さんはどんなふうに感じるでしょうか?私は、半分は、その通りだなと思います。実際、私もこれまでの人生の中でたくさん感じたことで...
ブログ

第1回マザーズコーチング定期勉強会(オンライン)

1月の受講者さま向け勉強会のご感想と、今回のテーマについてご報告いたします。 どんな子育てができたら、あなたは自分を認めてあげられますか? 穏やかな子育て?優しい子になってくれるような子育て?子ども優先の子育て?お母さ...
ブログ

「学校に行かない」ことが、なぜ私にとって恐怖なのか?

長男が久しぶりに学校に行かない日が続き、心を揺さぶられております。なぜ揺さぶられるのか?今日はそんな問いを自分にしてみました。それは、私が選ばなかった道だから私は、私の選んだ道には、それなりに灯りを灯してきました。ですが、選ばなか...
ブログ

私は、誰にとっての「良いお母さん」であればいいの?

私は家事が嫌い。そう思うこと自体、苦しかった 私は、なぜかお母さんになった瞬間に掃除もお料理も洗濯も育児も、そつなくこなせると思っていました。そしてそうでない人は、努力して「そつなくできなければいけないし、嫌いだなんて思って...
ブログ

「かわいそう」は誰が決める?その言葉で奪われるものがあるとしたら?

このコロナ禍で、様々な経験の機会が失われました。我が家の長男は小学校6年生でしたので、卒業式も中学校の入学式も、緊急事態宣言のさなかでした。先日テレビで、新型コロナの影響で出場するはずの大会の代わりに、ジャニーズの皆さんと一緒にコラボする...
ブログ

マザーズコーチング開講記(アドバンス)

受講してくださったのは、小学校6年生 4年生 1年生のお子さんのお母さん、Eさん4年生の娘さんにコロナ自粛明け「学校に行きたくない」と言われ、6月半ばにベーシックを受けてくださいましたその後、お子さんが家にいることもありなかなか時...
開講記

マザーズコーチング開講記(アドバンス)

今回の受講者様はお二人中学校1年生と小学校4年生の娘さんのお母さんお子さんはいらっしゃいませんが、児童クラブの指導員さんをされている方お母さんだけでなく、教育現場の方は教育のプロその教育のプロの方がコーチングを学んでくださるこんな...
タイトルとURLをコピーしました